スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回タヒチアンダンスフェスティバル 

先月、10月10日に行われた「第一回タヒチアンダンスフェスティバル」。魂に響いたあのステージからもう一ヶ月以上がたってしまいました。今でもあの時の感動は忘れることなく自分の中に深~く刻まれ、リアルに蘇って来ます・・・。
当日、会場に入ると、タヒチのポスター、そしてタヒチアンのウクレレの生演奏が。もうこれだけで気持ちはOh my tahiti~!!と舞い上がってしまった私。さらにその横では数は少ないながらパレオやダンスの衣装などが販売されていて、さらにタヒチモードが盛り上がって来ました。(とことん「タヒチなモノ」に弱い私・・・。)

dance1


dance3


そしていよいよ開演。

dance2


タヒチの映像とともに、ダンスショーが始まりました。もうこの映像の時点で、これまでに自分がタヒチで過ごした色々な思い出が蘇って来て、なんかジ~ン・・・と来て涙出ちゃいそうでした。

第1部はアマチュアの方の発表会でした。

日本にも、タヒチアンダンス(一部はハワイアンダンスも混ざっていたようです)をやられている方がこんなにたくさんいるんだということにまず驚き。そしてその年齢層の幅の広さにも驚き! 上はお年寄りから、下は、短大生、女子高生、中学生、小学生、そして何と、5歳の幼稚園の子!まで踊っていました。5歳の子の踊りには感激しました。ちゃんと腰が振れていて上手なんです! 踊りのレベルは私には評価できませんが、みなさんが「好き!」「楽しい!」という気持ちで踊っている・ダンスを楽しんでいるのがすごく伝わってきて、いいなあと思いました。

また、踊りだけでなくそれぞれの方の衣装の何と素晴らしかったことか!! 衣装を見ているだけでも本当に楽しかったです。踊りは全くできない私ですが、自分も踊れたらなあ、踊ってみたいなあという気持ちにすごくなりました。

そして第2部はおまちかね、本場「ヘイタヒチ!」

舞台そでに椰子の木が3本ずつ置かれただけの舞台、ドラム・ウクレレ・パーカッション3名のみの演奏、というシンプルさでしたが、それだけでも十分に惹きつけられた内容充実!のショーでした。男性ダンサーの見事なジャンプ・足さばき、女性ダンダーの見事な腰振り・優雅でしなやかな手の動き、ドンドコドコドコ・・・と魂揺さぶられる太鼓の響き、心に染み渡る深みのある女性ボーカルの歌声・・・。

もうすべてに感動しました。涙出ました。最後は、たまらなく好きだぞ、タヒチ~!!という気持ちでした。客席と舞台が一体となった、そんな雰囲気が感じられた大いに盛り上がったステージでした。感じ方は人それぞれですが、私個人としては、タヒチ現地でもそんなに簡単に見ることのできない「ヘイタヒチ!」チームの踊りを東京で楽しめた今回のタヒチアンダンスフェスティバル、もう十二分に大満足・大感動でした。東京で「本場のタヒチ」を見れたことでかえって感動も大きかったような気さえします。

タヒチ、タヒチアン、タヒチアンダンス、タヒチアンミュージック、素晴らしい!! 来年の大会もぜひ鑑賞したいです。

→この大会のより素晴らしいレポートはとんべりさんのページをご覧くださいませ~。
スポンサーサイト

コメント

第一回ということは・・

今回はタイミング悪く行けませんでしたが、
次回は是非行きたいです!
第一回という事は第二回、三回・・ときっとありますよねv-238

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。