スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タヒチアンキルト ティファイファイ エマタマリィさん実演 

少し間があいてしまいましたが、先週の「キルトフェスティバル」でのタヒチアンキルト作家 エマ・タマリィさん実演の様子を簡単にご紹介します♪

●突然登場されて静かに着席。針に糸を通すエマさん。とってもキュートでした。お洋服と髪飾りも可愛くて素敵だったし、お裁縫道具の入った丸い赤いポーチもタヒチ柄でとっても可愛かったです。
タヒチアンキルトのエマさん2


●実演開始前に布を広げて見せてくれるエマさん。一辺2mを超える大きさです! ベースになる白い布と絵柄にカットされた赤い布(どちらも同じ大きさ)が糸でしつけ縫いされています。このしつけ縫いされた状態の布がタヒチでは売られていて、初心者はこの状態のものを購入して始めると良いとのことでした。すべて最初からやるのは大変らしいです。実演を見ていた主婦の方の「その布はどこで買えるんですか?」との質問に、「パペーテで色々売ってます。」と答えた竹下さん。その場にいた人でその意味がすぐにわかったのは多分、私ぐらいでしょう、みんな「パペーテ?それはどこ?」状態でした。
タヒチアンキルトのエマさん3


●一針一針、絵柄の縁を縫っていくエマさん。とってもゆっくりなスピード。実演だからではなく基本的にあくせくしていないのんびりタヒチアンはいつでもこれぐらいのスピードで縫っているのだそうです。このスピードと丁寧さでこれだけ大きな絵柄の縁をすべて縫っていく・・・。完成までエマさんでも約半年かかることも、買うと10万円ぐらいの値段になってしまうことも、大いに納得です。
タヒチアンキルトのエマさん4


●絵柄のカーブのところは細かい切り込みを入れて、他の部分より丁寧に縫っていきます。ベテランのエマさん、とってもきれいな”カーブ”でした。
タヒチアンキルトのエマさん5


ティファイファイの説明をされるエマさんと竹下さん
タヒチアンキルトのエマさん6


●最後に「記念写真を撮らせてください」とお願いしたところ快く了承頂き、立ち上がって布を広げてくださいました。でも目線はもう一人隣でカメラを向けていたおばさんに・・・。ちょっと残念・・・。
タヒチウェディングベルの竹下さん


ハワイアンキルトよりずっと小さなスペースの展示だったし、一般の人への認知度も低そうだった「タヒチアンキルト ティファイファイ」ですが、興味を持った人は熱心にエマさんの手つきをみたり、竹下さんに質問したりしていました。私もこれまでティファイファイの知識はほとんどありませんでしたが、竹下さんの解説を聞いていたらとても興味がわいて来ました。竹下さんからうかがった「ティファイファイ」のこと、エマさんのプロフィール、展示されていたエマさんの作品紹介は、次回に続く・・・。


タヒチ旅行情報は「タヒチナビ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tnavi21.blog26.fc2.com/tb.php/64-061f692d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。